バッサ美容液の口コミでわかった使い方!効果アップできちゃうかも!

バッサ美容液の口コミを見ていると、効果アップにつながる使い方を発見しました。口コミからわかったバッサ美容液の使い方とは?

顔のくすみについて

まぶたのくすみを取る方法とは?原因を知っておこう!

更新日:

まぶたのくすみ

年齢とともに、まぶたのくすみが気になってくることはありませんか?

まぶたのくすみは若い頃はまだあまりありませんが、年齢と共にどんどん気になってきてしまうことがあります。

まぶたがくすんでいると、おばさんのように見えてしまいます。
それでは、まぶたのくすみを取りたい時にはどうすればいいのでしょうか?

今回は、まぶたにくすみができてしまう原因や対処法についてご紹介していきます。
ぜひご参考にしてみてください。

どうしてまぶたがくすんでしまうのか気になりませんか?

まぶたがくすんでしまう原因の一つは、「紫外線」です。
肌が黒くなってしまった時は、まぶたのくすみになってしまいます。

日焼けという程真っ黒にならなくても、日常生活で浴びる紫外線がたまってしまうと、少しずつまぶたが薄茶色に変わっていってしまいます。

この茶色のもとは、メラニン色素です。

紫外線は、お肌にとって毒となるものです。

これが入ってきた時、紫外線からお肌を守るために生産されるのがメラニン色素です。

メラニン色素は黒色の色素なので、メラニン色素が生産されているほど色は黒くなっていくでしょう。

顔の中でも、まぶたの表皮はとても薄い部分です。

このため、顔全体で平等に紫外線を浴びていたとしても、まぶたの皮膚だけが紫外線ダメージをためこんでしまい、薄く変色していくのはよくあることです。

紫外線以外にも原因はあります。

まぶたが黄ばんだようにくすんでいる場合、糖化の可能性はとても高いです。

糖化は老化現象の一つで、口から摂取した糖質が体内のたんぱく質と結合して変性していきます。

お肌の内部に存在するコラーゲンも、たんぱく質の一つです。

糖質と結合すると、変性して劣化してしまいます。

糖化は「焦げ」と表現されますが、糖化が起きた部分の肌は、焦げたように茶色くなります。

パンやお米などのスイーツや炭水化物が好物であれば、糖質の摂取量が多く、糖化を起こしやすいことがわかります。

さらに、摩擦のダメージも原因の1つです。

・目をこする
目をこする癖がある人はまぶたにメラニン色素がたまり、まぶたのくすみがひどくなってしまいます。

かゆいとどうしてもこすってしまいがちですが、日頃からまぶたをこすらないように気をつけましょう。

紫外線を浴びることと、メラニン色素が増えるという情報は知っていたとしても、実は紫外線以外でもメラニン色素が生産されることは、あまり知られていません。

メラニン色素は、お肌を守るために作られているものなのです。
なので、紫外線以外にも、お肌にとって危険だと感じることが発生すれば作られます。

例えば、目をゴシゴシとこすって、まぶたに刺激を与えていませんか?

肌への摩擦は、お肌にとって危険なことになります。

○まぶたのくすみを取り除く方法とは?

・ビタミンC誘導体を塗る

ビタミンC誘導体入りのコスメをまぶたに塗ることによってトーンがアップするでしょう。

まぶたのくすみは、紫外線や摩擦によるダメージ、糖化のダメージなど3つ全てに効能が期待できると言われています。

くすみに有効な成分が、ビタミンCとなるため、ビタミンC誘導体を配合したアイクリームを使うのがおすすめです。

継続ケアをすることで、少しずつ変化を感じてくるでしょう。

-顔のくすみについて

Copyright© バッサ美容液の口コミでわかった使い方!効果アップできちゃうかも! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.